ボリンジャーバンドの見方・使い方活用法


FX勝利の方程式
-無料・必勝法・初級者・中級者-
FXで取引をしているが思うように利益が取れない。
FXで大きな損失を出してしまったが復活したい。
少ない資金を大きな資産にしたいと考えている。
そんな方にFX勝利の方程式-必勝法を無料で公開。

  

  

 ボリンジャーバンドの見方・使い方-FX勝利の方程式-必勝法-

   スポンサードリンク
 
Home < チャート分析テクニカルマスター < ボリンジャーバンドの見方・使い方活用法
FX勝利の方程式: ( 理想設定 + リスク管理 + トレード方法 ) × ルール利益

 ボリンジャーバンド
 ボリンジャーバンドは、名のごとく、米国のジョン・ボリンジャー氏が統計学をもとに考案したテクニカル指標です。私の活用法は主にボラテリティ―・トレンドの強弱を知る事に活用しています。また、利益確定のポイントやエントリーする時にも、20EMAの傾きやその他のテクニカル分析との組み合わせで活用しています。チャートを見ていただいてもお分かりのようにバンド幅が広がった時はボラティリティーが高く、相場が動いている状況です。

ボリンジャーバンドの見方は、基準線(移動平均線、私の場合は20EMA)の外側に±1σ(シグマー)と±2σ(シグマー)の線(バンド)を表示させているものです。シグマーは標準偏差のバラつきを数値化したものですが、難しい計算方法などは知る必要はないと思います。まず、知っておくべきことは、±1σと±2σの意味です。それは、為替レートがバンド(±1σの線)内に含まれるであろう確立です。


 


★為替レートが+1σから-1σの間に存在する確率は、
                          68.3%
★為替レートが+2σから-2σの間に存在する確率は、
                           95.5%
★±3σまで使用したとしていたら、99.8%の確率で存在することになります。3σまでは必要ないと考えていますが参考までに。

この確率で考えると、±2σのバンド(線)を抜けてしまったということは、統計学上だと、ほとんどあり得ない、いわば異常事態が起きたことになります。すると価格は±1σやミドルバンド(基準線20EMA)に戻ろうとする、習性というか確率がある訳です。その習性を利用して、利食いのポイントや損切りの設定に活用すればいい訳です。
±2σを超えたら利食いを考える。±2σを超えたところに損切り価格を設定しておく。これは、デイトレ・スキャルピングにおいては、大きな武器となります。

それと、ボリンジャーバンドには、まだまだ大きな武器があります。それは、初めに書きましたバンド幅が広りボラティリティーが高くなり、価格が激しく動き始める時です。バンドが開き始め±1σのバンドをサポートとし、±2σのバンドに沿って上昇・下降している時です。(下のチャート)いわゆるトレンドが出ている状態です。+1σをサポートとし+2σに沿って上昇していれば「買い」。-1σをサポートとし-2σに沿って下落している時は、もちろん「売り」です。(これをバンドウォーク又はボリンジャーブレイクと言います)少々、68.3%と95.5%の確立とは、相反するように感じるかもしれませんが、起こりる得ない確率が起こるのが為替相場です。逆にその時こそが大きな利益を、短時間で獲得する、一番のチャンスです。

下のチャートは、ボリンジャーバンドが開き始めた時、ポジションを持つエントリーポイントと利食いポイントを記入してみました。

A:売りエントリーポイントは、低値を更新したポイント付近です。利食いのタイミングは2つ。-2σを一度抜け価格が戻り始めたタイミング。
まだ、下落すると判断した場合は、もみ合い相場になり、低値を更新できなかった時、とりあえず、利食い次のチャンスを待つ。

B:買いエントリーポイントは持ち合い相場の高値を更新した付近。利食いのポイントは+2σを一度、抜けたポイント、まだまだ、上昇の可能性があると判断した場合は、Cポイントで買い増し、上昇狙い、できることなら、+2σに触れて戻されたポイントで利食い出来たら完璧です。これには、かなりの練習が必要ですし、いつもこんな美味しい相場ばかりではありません。こんな感じの局面に遭遇したら、エントリーして自分の勝ちパターンを増やしてゆきましょう。
勝てるFX会社で取引しよう !!
FOREX Trader
米ドル円のスプレッドが0.8銭固定で業界最狭スプレッドのFX会社であり高スペックFX業者。取引ツールの「TRADE RHYTHM」はシンプルで、1クリックで発注可能。
チャートでは発表されたニュースも連動し、大きく値動きした時にどのようなニュースをきっかけに変動したのか、値動きと文字情報で検証できます。また、チャート上から注文も可能です。(これは便利)トレード上級者まで満足なものとなっています。スキャルピング・デイトレードタイプには欠かせないFX会社です。

FXブロードネット
1000通貨から取引可能なコースもありで小資金で取引するにも最適です。レバレッジも自由に選択可。チャート機能は、私が使用すテクニカル分析を全て網羅。
ローソク足を平均足に変更可能。トレンドの方向性がよりつかめるので、私の様なスキャルピング・デイトレードタイプのトレーダーにはには最適なFX会社です。もちろん初心者からでも使いやすい取引ツールですから、私はもちろん多くの中級者のトレーダーさんも活用しています。


チャート分析テクニカルマスター
  ⇒テクニカルを全てマスターしたら勝ちパターンのトレード手法へ進む
ロウソク足・平均足

 ローソク足と平均足の見かたとパターン分析方法。
EMA

 EMAの活用法とトレンド方向性、パターン分析方法。売買の判断の仕方。
ダウ理論

 サポート・レジスタンスラインの引き方と活用法。ダウ理論の基本とトレード方法。
トレンドライン

 トレンドラインの引き方とパターン分析方法。
遅行スパン

 遅行スパンの見方と活用法、売買の判断の仕方。。
RSIの逆行現象

 RSIの見方と逆行現象(ダイバージェンス)の活用法。
フィボナッチ

 フィボナッチリトレースメントとピポットポイントはの見方と活用法。
エリオット波動

 エリオット波動の見方と活用法。





☆MENU☆
Home
 ・勝ち続けるトレーダー
 ・FX勝利の方程式
超初心者のページ
勝てるFX会社
勝ち組-FXスクール

理想設定
 ・明確な理想設定
 ・福利資産増大計画表

リスク管理
 ・損切・レバレッジ設定
 ・利益・資産を増やす方法
リスク管理表
 ・リスク管理ルール

トレードの基本
 ・デイトレード
 ・順張りトレード
 ・チャート分析
トレードの基本(2)
 ・トレードストーリー
 ・ファンダメンタルズ
 ・取引時間帯
 ・通貨ペアー
トレードノート

チャート分析
テクニカルマスター
ローソク足
平均足
ダウ理論
トレンドライン
EMA
遅行スパン
ボリンジャーバンド
RSIの逆行現象
フィボナッチ
エリオット波動


勝ちパターン・トレード手法
fx
初心者必見!! Pickup
初心者が勝てるトレード手法
ブレイクアウト手法
反転トレードレード手法
トレンドを捉まえる
Uptrendトレード手法
Downwerdトレード手法
Conversionレード手法
SSSトレード手法


My Blog.
FXで宇宙旅行へいざ!!

FXで稼ぐ秘訣は
ここにあ

My BlogFXで宇宙旅行へいざ!!



☆Infomation☆
サイト・リンク情報
サイトマップ
リンク1
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5




Copyright(C)- FX勝利の方程式-無料・必勝法・初心者・中級者- All Rights Reserved