仮想通貨取引所とは?投資の始め方を解説

ビットコイン画像

このサイトでは仮想通貨取引所の口座開設や投資の始め方にについてわかりやすくまとめています。

 

仮想通貨取引所で口座開設や仮想通貨投資をこれから検討している方にはきっと役立つ情報になるかと思いますので、ぜひ参考になさっていただければと思います。

 

 

 


仮想通貨取引所で口座開設や投資をお考えですか?

国内の仮想通貨取引所には様々なところがありますが、安心して口座開設するには今は 金融庁への登録などが必要です。

 

ビットコイン投資 や、仮想通貨投資を始めたいと思っても最初はまず何すればいいのか全くわからないと戸惑いを持っている人も多いはずですです。

 

ですが、仮想通貨の特徴を知ることによって仮想通貨投資初心者もとっても手軽に始めることができ初めての取引でも 難しくないであることがわかるはずです。

 

仮想通貨投資は株式投資や FX 投資などと違って、わずかな金額から始めることができます。

 

例えば株式投資や FXを始めるためには大企業など頂上企業の株式を購入するために購入資金は何十万円も必要になってきます。

 

FX投資なのでは投資なので少額の投資ではやりづらい面もあり、また約3000以上もある銘柄から選択するがあります。

 

その点、仮想通貨であれば日本で現在取引できるのは十数種類でありその中でも最も代表的なビットコイン銘柄に迷ったりすることはありません。

 

また株式取引では通常の取引時間は平日の中のみで FX では土日がお休みになります。

 

仮想通貨であれば24時間365日いつでも取引ができるので、サラリーマンの方であれば道のお休みだとまた平日のアフターファイブなのでも手紙昨日見た時に取引が可能です。

 

実際仮想通貨ビットコイントレードは休日などに取引する人が多いようで休日には価格が上昇することが多くなっています。

 

仮想通貨の中でも初心者に最もオススメなのがビットコインです。ビットコインがおすすめな理由はまず取引高、純資産総額が他の仮想通貨に比べても飛びぬけて多いこと、また注目度、今後の期待度も高く、取引もしやすいのです。

 

ビットコインバブルとも言える状況で、 仮想通貨投資初心者の方でも、利益を得やすい状況にあると言えるでしょう。

 

今後増加しそうな通貨として使う場合も、ビットコインなど利用可能店舗が現在でも各地にたくさんあることもポイントです。

 

仮想通貨投資の始め方はとても簡単です。まず国内の条件満たしている仮想通貨取引所に口座を開設することから始めます。

 

取引所の口座の開設はメールアドレスで Facebook アカウントでできて本人確認書類の画像を送信するだけで完了となります。

 

口座開設後、取引所から発送される確認ハガキ受け取り、その手続きをインターネットで完了すればお金に書くには完了します。

 

後はそれから日本へ仮想通貨取引所の口座に入金して希望する仮想通貨ビットコインなどが購入できます。

 

ポイントは注文方法を使い分けること

ビットコイン画像02

仮想通貨取引所でビットコインを売買する方法ですがまず口座を開設した取引所のサイトにログインするとチャートなどの画面が確認できるようになります。

 

チャートエリアでは1日単位から1年単位まで相場の推移が 確認できます。また注文エリアで希望のレート量を入力するとおおよその数値が表示されてその時点で売買注文などなっています。

 

注文時にはレートや売買注文の量を板情報エリアでチェックします。この際仮想通貨取引所のダッシュボードによっては他のユーザーのコメントを見たり、関連情報などを得ることも可能です。

 

ただしそのような情報が全て正しいとは限りませんので迂闊に踊らされないように十分注意しましょう。

 

仮想通貨投資の際の売買の注文では主に二つの方法があります。

 

これは状況に応じて使い分けますが一つ目は成り行き注文です。

 

この成行注文は価格を指定せずに注文したい時に取引書が指定する価格で売買する注文方法です。

 

またもう一つも指値注文は、価格と数量を指定して売買する注文方法です。

 

成行注文は約定つまり売買成立、そして指値注文は利幅の確保をそれぞれ優先する注文方法です。

 

使い分け方ですが、仮想通貨市場の相場が急落して出来る限り早くうってしまいたいような時には成行注文、相場をチェックしできない状況にある時には指値注文にしておくと良いでしょう。

 

仮想通貨取引所によっては成り行き注文の機能がないようなところもありますが、提示価格に合わせて逆上しやすい価格で指値注文すれば対応できます。

 

そうやってバイバイに慣れてきたらチャートを分析した過去の値動きパターンから将来の値動きを予測することをマスターしていきましょう。

 

トレードの際の指標の一つでもある単純移動平均線というものを見てみます。

 

これは一定期間の終値の平均値をつないだグラフになりし平が上向きなら上昇トレンドになり下向きの場合は下降トレンドという判断になります。

 

こういったチャートの理解を深めて相場の急落なのに対してすぐに迅速な対応ができるように備えておくことが大事です。

 


仮想通貨取引所ごとの特徴を見極める

ビットコイン画像03

仮想通貨投資を始めるためにはまず仮想通貨取引所に登録することが必要です。

 

取引士を選ぶ際にまずチェックしたい取引所選びのポイント三つあります。

 

一つ目のポイントは、仮想通貨取引所 またはその親会社が上場企業であるかどうかです。

 

また上々企業なら決算を開始しているため経営状態が確認できます。

 

それから2017年秋からは仮想通貨取引所においては全て金融庁の認可が必要になりました。

 

2018年6月現在においては金融庁への登録済みの仮想通貨取引所は16社存在します。

 

登録業者かどうかは金融庁ホームページの仮想通貨交換業者登録一覧というページで確認できます。

 

金融庁 仮想通貨交換業者登録一覧PDF

 

また各取引所にはそれぞれの特徴がありますので 現物取引が中心なのか、それとも信用取引をしたいのかなとまた、長期保有がメインなのかもしくはスイングトレードや短期デイトレードなど比較的短い期間に取引を行いたいのか?によって使い分けることをお勧めします。

 

さらに仮想通貨取引の際には板の厚さ(取引量の多さ)が厚いほうが取引が成立しやすくなります。いくら売買したくても取引量が少ないに板ではなかなか成立しません。ので、仮想通貨投資初心者の方はできるだけ板の厚い取引を利用することが安心です。

 

具体的に現在の国内代表的な仮想通貨取引所の特徴を見てみましょう。

 

まず最大手と言われるビットフライヤーには信用取引を含めた出来高が国内主要取引所です。

 

神様それ 担保を預けることでレバレッジを利用して担保価格の何倍かの取引が可能になる手法のことです。

 

レバレッジで何倍の取引ができるかどうかは取引所によっても異なってきます。信用取引では多大な損失が生じる可能性もあるのでそのリスクを十分理解してから利用するようにしましょう。

 

次に今年、年初にNEM流出事件で騒動になったコインチェックですが、仮想通貨取引所の中でもアプリが非常に使いやすく、事件が起こる昨年までは現物取引の取引がもっとも高い取引量だったため、国内での利用者もダントツで一番でした。

 

コインチェックに関してはセキュリティ体制から一連の問題がありましたが、マネックス証券の傘下となったこれからはそういった体制も強化して徐々にまた勢いを増してくるかもしれません。

 

その他のおすすめでは GMOコイン、 DMMビットコイン、コインエクスチェンジ、ザイフ、ビットバンクなどがあります。

 

また仮想通貨には「取引所」とは異なる「販売所」というものがあります。

 

液晶では指値注文は普通にできますが売買が成立しないこともあり販売所は割高なことが多い反面希望の家の売買がいつでもできるというメリットもあります。

 

また各仮想通貨取引所によってビットコイン以外の取り扱いアルトコインはその取引所によって様々な違いがあります各取引所の特徴をよく比較してサイトやアプリの使いやすさを考えた上で自分に合った取引を選ぶようにしましょう。

 


仮想通貨 関連動画

 

仮想通貨少女「月と仮想通貨と私」初披露LIVE
※YouTubeより